痛みや不安の少ない診療を目指しています。

ペリエ稲毛歯科では、歯科治療において、できるだけ痛みの少ない、無痛治療を心がけています。

 

痛みの少ない歯科治療とは

患者さまからよく聞く言葉で、歯科治療で嫌なことは、痛い、痛そう、こわいということがあります。
歯科治療は「削る」「抜く」といった外科的治療もあり、どうしても痛みを伴いやすい治療を含んでいます。

また、過去の歯科治療にトラウマがあり、歯科恐怖症とよばれるような極端に歯科治療を怖がってしまう方もいます。

そうしたことで患者様によっては、歯科医院での治療から遠ざかってしまい、よりお口の中の状況が悪くなることがあります。

特に虫歯は自然に治ることはありません。痛みが取れることと治ったこととは違いますので、中途半端な処置で中断してしまうと、長い目で見ると虫歯は進行してしまいます。

そして進行してしまってからの治療は、治療そのものも大掛かりになりますし、治療の回数、治療費用も増えてしまいます。

まずは痛みが出るような大きな治療になる前の早めの治療が最大の痛みを少なくする治療方法です。

ただし全く痛みや感覚を感じないで治療ができればベストですが、残念ながら「完全な」無痛治療は難しいことも事実です。

 

どうして痛みがでるのか

歯や歯肉には神経があります。この神経(痛覚)を刺激することにより、痛みが発生します。
むし歯も時間がたち、大きくなるほど神経に近くなり、削った時の痛みも出やすくなります。

 

どうしたら痛みがでないのか

麻酔をして痛覚をブロックすることが、痛みを感じさせないための、一般的な無痛治療の方法です。
ただ、その麻酔そのものが痛いこともあります。

無痛治療への具体的な取り組み

まず、麻酔をしっかり効かせることが第一です。

麻酔が必要な処置で麻酔をせずに治療を行えば、治療中に痛みを感じてしまいます。

麻酔を行っていても、麻酔が効きにくい場合もあります。
もともとの痛みが強い=炎症が強い場合は麻酔が効きにくくなります。
また、下あごの奥歯など骨の厚みが大きい場合(特に体の大きい方)は麻酔が効きにくい傾向にあります。

麻酔の痛みの原因は概ね以下の2つです。

1.注射そのものの「チクッ」とする痛み
2.麻酔の入ってくる時の痛み

 

麻酔そのものの痛みを取り除くことができれば理想的な無痛治療により近くなります。

ペリエ稲毛歯科の歯科麻酔(無痛)治療への取り組み

ペリエ稲毛歯科では、以下のような細かい点に気を配り、麻酔、歯科治療を行っています。

表面麻酔

ペリエ稲毛歯科では全ての麻酔(注射)の前に必ず表面麻酔を行っています。

これにより最初に針が入ってくる時の痛みを軽減することができます。
表面麻酔は塗るだけなので、痛くありません。

細い注射の針

ペリエ稲毛歯科では歯科で最も細い針(専門用語で33G(直径0.26ミリ))を使用しています。
注射の針は太いほど痛みがでるからです。

痛みの出にくい部分に麻酔をする

同じようなところに注射しているように見えますが、歯肉には麻酔の痛みを感じやすい部分と感じにくい部分があります。
とくに注射の最初の刺入点は痛みの出にくい部分を選びます。広範囲に麻酔をする場合など、初めの麻酔が効いてくると周りに針が入っても痛みは出にくくなります。

麻酔液の入る速度

麻酔の液を一気に入れると圧力がかかり、押されるような痛みが出ます。
歯肉の中の組織(骨膜)がはがれることで痛みが出る場合もあります。
無痛治療のためには、ゆっくりとした一定の速度で麻酔を入れていきます。

麻酔液の温度

温度差のある液体が体の中に入ると刺激となります。麻酔液は体温と同じぐらいに温めておくことによって痛みが出にくくしています。

無痛治療(麻酔)に必要な注射器

電動注射器(オーラスター)無痛治療 電動麻酔

電動注射器を使うことで上記のような無痛麻酔のテクニックを助けます。

一般的に手動の注射器では33Gの細い針は圧がかかりすぎ、向いていません。

電動注射器による機械的な制御により、圧力がかかりすぎず、麻酔の入る速度をゆっくりとした一定のスピードに保つことができます。
また、歯根膜麻酔という、効きやすい麻酔法がありますが、圧力がかかり痛みが出やすいことが欠点です。この歯根膜麻酔も、電動注射器を使用することで圧力を少なくし痛みを少なく行うことも可能です。

ペリエ稲毛歯科では麻酔時には、電動注射器を使用して、無痛治療になるように配慮し麻酔を行っています。

患者様からも「痛くない」と評価をいただいています。

痛みいろいろ

よくある会話です。

患者A様:「私、痛がりなんです。」

歯科医師:「かしこまりました。痛くないように治療しますね。」

患者A様:「で、痛がりなので麻酔を・・・、して下さい」

でも、実際には次のような会話もあります。

患者B様:「私、痛がりなんです。」

歯科医師:「かしこまりました。痛くないように治療しますね。」

患者B様:「で、痛がりなので麻酔を・・・、しないで下さい」

同じ会話の始まりから、相反する言葉が続きますが、

A様は治療の痛みが怖いので麻酔をしてほしい。

B様は麻酔(注射)の痛みが(治療よりも)怖いので麻酔をしないでほしい、

というわけです。

これは一つの例ですが、痛みといってもこうした患者様個々による感じ方の違いもあります。

他にも、歯科医院、歯科医師・スタッフの雰囲気などによっては、いくら丁寧な麻酔でも「歯科治療は怖い、痛い」となってしまいます。

無痛治療は器具や治療そのものの問題だけでもないとも考えています。
ペリエ稲毛歯科では、ハード、ソフト両面でできるだけ無痛治療と呼べる歯科治療ができるよう心がけて、治療を行うようにしています。